新着情報

海と親しむイベント「体験航海2011~発見!自然の宝島」が25日、洲本市由良町由良、宿泊施設「エトワール生石」周辺であった。市内の小学4~6年生44人が、魚のつかみ捕りやクルーズなど水辺の遊びを楽しんだ。身近な自然の素晴らしさを子どもたちに実感してもらおうと、洲本商工会議所青年部が毎年主催。当初は7月21日に開催予定だったが、台風6号の影響で延期した。この日は午前中、同施設近くで、魚のつかみ捕りを体験。網で囲われた海に膝までつかり、由良中央漁協が用意したタコやタイ、アナゴ、ハゲなどを次々と捕獲した。 由良沖に浮かぶ無人島・成ケ島についての自然学習や、地域住民が指導するところてん作りもあり、昼食は牛肉や魚介類のバーベキュー。午後からは3隻のクルーザーに分かれて乗り込み、由良沖から洲本港に向けて出航。潮風を浴びながら、約1時間のクルーズを堪能した。